Seala Japan利用規約

株式会社シーラジャパン(以下「当社」という)では、Webサーバホスティングサービス(以下「本サービス」という)に、下記の利用規約(以下「本規約」という)を定め、本サービスへのお申し込み及びご利用は、本規約の内容をご承諾頂くことを前提としております。

第1条(総則)

  1. 当社は、本サービスの利用者に対して第4条に定めるサ−ビスを提供します。
  2. 利用者は利用料金の支払等、本規約に定める一切の義務を誠実に履行するものとします。

第2条(本規約の適用)

本規約は、本サービスをご利用いただく際の、当社と利用者との間の一切の関係に適用させていただきます。

第3条(利用者と申込)

  1. 利用者とは、本規約を承認の上、当社に本サービスの申込を行ない、本サービスを利用する権利を認められた個人または法人を指します。
  2. 申込は、所定の申込書に必要事項を記入し、当社または当社が指定するビジネスパートナー(以下「パートナー」という)に提出するものとします。

第4条(サ−ビスの内容)

  1. 当社が本サービスにより利用者に提供するサービス内容は以下の通りとします。
    1. ドメイン取得サービス
    2. サブドメインサービス
    3. 共有サーバーホスティングサービス
    4. 専用サーバーレンタルサービス
    5. ハウジングサービス
    6. ストリーミングサービス
    7. SSLサービス
    8. その他、今後弊社が提供するサービス
  2. サ−ビス内容の変更は、当社が必要と判断した場合、利用者の承諾なしに行うことができます。

第5条(利用料金と支払方法)

  1. 本サービスの支払方法については別表「利用料金の支払方法」の通りです。
  2. 本サービスの利用料については、下記の通りです。
    1. 2-1. 初期設定料・利用料は、前払い方式とし当社指定の銀行口座への振込とします。 なお、振込手数料は利用者側の負担とします。
    2. 2-2. 利用料は、「アカウントインフォメーション」に記載されている契約期間を課金対象とし、当社サービス料 金のうち、月額料金は、月毎にお支払いいただく料金であり、料金月(当社が利用契約毎に定める暦月の 一定の起算日から翌暦月の起算日の前日までの間をいい、以下同じとします)に従って計算します。 利用料を支払い期限日(支払い期限日が休日の場合にはその前日)までに指定口座に振り込むも のとします。
  3. 利用者が利用料金を振込む指定銀行口座は、当社との直接取引の場合は当社が指定するものとし、パー トナーとの取引の場合は当該パートナーが指定するものとします。
  4. 利用者が自社のWebサイトにアクセスするために使用するコンピュータその他の機器の費用及びアクセ スするためのインターネット・サービス・プロバイダー利用料金ならびに電話料金等の費用は利用者の負担 とします。
  5. 当社は利用者の承諾なく本サービスの利用料金を改定できるものとします。但し、その場合は事前にその旨通知するものとします。

第6条(提供中止)

  1. 以下の場合、当社は、利用者に対して本サービスの提供を中止することができるものとします。
    1. 1-1. 当社の設備の保守または工事のためやむを得ないとき。
    2. 1-2. 当社の設備の障害等やむを得ないとき。
    3. 1-3. 非常事態時の場合(天災、事変その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがあるときは、 災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な事項を内容とする通信、その他の公共の利益のために緊急に行うことを要する通信を優先的に取り扱うため、本サービスを制限する措置を採ることがあります)。
  2. 当社は、前項の規定により本サービスの提供を停止するときは、あらかじめその理由、提供停止をする日及び期間を利用者に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合は事後に通知します。

第7条(利用資格の停止・取消)

  1. 当社は、契約者が次の各号のいずれかに該当するときは、本サービスの提供を停止することができるものとします。
    1. 1-1. 利用契約上の債務を履行しなかったとき
    2. 1-2. 以下の態様において本サービスを利用したとき
    3. 1-2-1. 当社あるいは第三者の名誉、信用、プライバシー、肖像権等の人格的利益を侵害する行為、またはそ のおそれのある行為
    4. 1-2-2. 当社あるいは第三者の著作権、商標その他の知的財産権を侵害する行為、またはそのおそれのある 行為
    5. 1-2-3. 当社あるいは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為
    6. 1-2-4. 当社あるいは第三者の法的保護に値する一切の利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
    7. 1-2-5. 無断で他者に広告、宣伝もしくは勧誘のメールを送信する行為、または他者が嫌悪感を抱く、もしくはそ のおそれのあるメール(嫌がらせメール)を送信する行為
    8. 1-2-6. 犯罪行為あるいは犯罪行為をそそのかしたり容易にさせる行為、またはそれらのおそれのある行為
    9. 1-2-7. 虚偽の情報を意図的に提供する行為、あるいはそのおそれのある行為
    10. 1-2-8. 選挙活動その他政治目的を有する活動若しくはこれらに類似する行為及び公職選挙法に違反する行為、またはそのおそれのある行為
    11. 1-2-9. 当社の本サービスの提供を妨害する行為、あるいはそのおそれのある行為
    12. 1-2-10. 第三者の本サービスの利用に支障を与える方法あるいは態様において本サービスを利用する行為、あ るいはそのおそれのある行為
    13. 1-2-11. ID あるいはパスワードを不正に使用する行為
    14. 1-2-12. コンピュータウィルス等他人の業務を妨害するあるいはそのおそれのあるコンピュータ・プログラムを本 サービスを利用して使用したり、第三者に提供する行為、あるいはそのおそれのある行為
    15. 1-2-13. 風俗営業等の規制及び適正化に関する法律が規定する映像送信型性風俗特殊営業、あるいはそれに 類似する行為
    16. 1-2-14. 本人の明確な同意なくして又は詐欺的手法を用いて第三者の個人情報を調査、収集、利用する行為
    17. 1-2-15. 無限連鎖講の防止に関する法律が規定する無限連鎖講あるいはそれに類似する行為
    18. 1-2-16. その他、他人の法的利益を侵害したり、公序良俗に反する方法あるいは態様において本サービスを利 用する行為
    19. 1-2-17. 上記(1-2-1)乃至(1-2-16)を誘引する行為及び上記(2-1)乃至(2-16)に抵触するホームページにリンクを 張る行為
  2. 当社が提供するサービスの利用に関し、直接又は間接に当社又は第三者に対し重大な支障(設備やデータ等の損壊を含むがそれに限定されない)を与えたとき。
  3. その他、当社が不適切と判断するとき
  4. 前項に抵触すると判断された時、当社は利用者に通知することなく、掲載された情報を削除することができます。

第8条(利用者の解約)

  1. 利用者が本サービスを解約する場合、解約する月の1カ月前までに書面によりその旨を当社に通知するものとします。
  2. 利用者が本サービスを解約する場合、当社に対する債務がある時にはその全額を支払わなければなりません。
  3. 利用者が本サービスを解約する場合、すでに徴収した料金の払い戻しは一切行ないません。
  4. 利用者は当社が上記手続きを完了したと認めた時をもって本サービスを解約したこととみなされます。

第9条(システムの運用管理)

  1. 本サービスを提供するためのシステムは、基本的に1週7日間、1日24時間利用できるものとします。ただし、システム設備の保守または工事など止むを得ない事由でシステムの運用を停止する場合は、利用者に対して速やかに通知するものとします。なお、緊急の場合には通知を省略できるものとします。
  2. 上記の理由により、当社の提供するサ−ビスに遅延または中断が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第10条(損害の免責)

  1. 当社は本サービスの利用により発生した利用者の損害については一切賠償の責を負わないものとします。
  2. 利用者が本サービスを利用することにより他人に対して損害を与えた場合、当該利用者は自己の責任により解決するものとし、当社には一切の損害を与えないものとします。
  3. 利用者により、サーバーへインストールされたソフトウェアの管理および利用に関して当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 利用者の操作により、誤ってサーバー環境の破壊またはデータの消失・破壊等の事態が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
  5. 本サービスでは、利用者のデータのバックアップを2段階にて行いますがサーバーのディスクに破損等が生じた場合、完全なデータ復元の保証はいたしません。データバックアップの詳細については下記の通りです。

データバックアップ仕様

本サービスでは、お客様のデータのバックアップとして、以下の2段階の方法を採用しております。

第1段階:ミラーリング

2台のハードディスクを用いて、RAID-1(※)によるハードウェアミラーリングをリアルタイムで行います。ディスクの1台に障害が発生した場合、システムを停止することなくディスクの入れ替え作業を行います(ホットスワップ)。

※RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は、複数のハードディスクを組み合わせたディスクシステム(ディスク・アレー)によりディスクへのアクセス速度の高速化を図ったり、データの安全性の確保をするための一連の技法です。RAID-1は、「ミラーリング」と言う方式として知られています。これは、同じデータを、2台のディスク装置に同時に書き込むことによって、1台のディスク装置が破損しても、もう1台のディスク装置にアクセスできる仕組みになっているというものです。

第2段階:ハードディスクバックアップ

24時間毎に別のハードディスクにバックアップをとります。稼働中のディスクシステム(ミラーリングしている2台のハードディスク)に障害が発生し、2台のディスクが共に継続使用不能と判断された場合は、ハードディスクバックアップのデータをリストアします。また、お客様が誤って削除したファイルがハードディスクバックアップに保存されている場合、そのファイルをリストアすることもできます。

第11条(パートナーの変更)

パートナーを介して本サービスの申込を行ない、利用料金の支払を行なっている利用者は、当該パートナーが当社のパートナーとしての権利を消失した場合、取引勘定を当社または別のパートナーに移行する場合があります。

第12条(届け出事項の変更)

  1. 利用者は当社への届け出事項に変更が生じた場合、速やかに通知するものとします。
  2. 利用者からの変更通知がないために、当社からの通知または送付書類その他のものが遅着し、または到着しなかった場合には当社はその責任を負いません。

第13条(利用規約の発効)

この利用規約は、当社が利用者からの申込書を受理した日から効力を生じます。

第14条(利用規約の改定)

  1. 本規約は、当社の判断により利用者の承諾なく変更・改定ができるものとします。その変更・改定の内容については、当社ウェブサイトにて通知するものとします。
  2. 改定後の本規約も、当社と利用者との間の一切の関係に適用されるものとします。

第15条(データ等の取り扱い)

本サービスにおける当社のサーバのデータが、滅失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、当社はいかなる責任も負わないものとします。

第16条(データのバックアップ)

本サービスにおいて、当社はサーバ設備の故障又は停止等の復旧に対応するため、契約ディレクトリ内のデータを複写することがあります。

第17条(データの消去)

  1. 当社は、契約者の登録した情報等又は契約者の管理する情報等が、当社の定める所定の基準を超えた場合又は、第1 8 条(提供停止)各号のいずれかに該当するときは、契約者に対し、何らの通知なく、現に蓄積している情報を削除し、又は情報の転送もしくは配送を停止することがあります。
  2. 当社は、前項に基づく情報等の削除又は転送もしくは配送の停止に関し、いかなる責任も負いません。

第18条(個人情報の取扱について)

  1. 当社は、申込書により収集した契約者の個人情報は、本サービスの申込書に記載した利用目的以外に利用いたしません。
  2. 当社は、申込書に記載していただいた、全ての個人情報の項目を、パートナーと共同で利用する場合があります。
  3. 当社は、個人情報へのアクセスの管理、個人情報の持ち出し手段の制限、外部からの不正アクセス防止のための措置その他の個人情報漏洩、滅失又は毀損(以下「漏洩等」という。)の防止その他の個人情報の安全管理のために必要な適切な措置(以下「安全管理措置」という。)を講じるものとします。
  4. 当社は、その従業者(派遣等労働者も含む。以下同じ。)に当該個人情報の安全管理措置が図られるよう、当該従業者に対する必要かつ適切な監督をおこなうものとします。
  5. 当社は、安全管理措置の実施その他の個人情報の適正な取扱いの確保のため、その従業者に対し、必要な教育研修を実施いたします。
  6. 当社は、個人情報の取扱いの全部又は一部をクレジット決済会社に委託する場合があります。また、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行います。
  7. 当社は、前号の場合は、個人情報を適正に取り扱うと認められる者を選定し、委託契約において、安全管理措置、秘密保持、再委託の条件(再委託を許すかどうか並びに再委託を許す場合は、再委託先の選定及び再委託先の監督に関する事項等)その他の個人情報の取扱いに関する事項について適正に定めるものとします。
  8. 当社に従事する者及び当社から委託された個人情報の取扱いに係る業務に従事するものは、その業務に関して知り得た個人情報の内容をみだりに他人に知らせないものとし、また、不当な目的に使用しないものとします。その職を退いた後においても同様とします。
  9. 当社は、個人情報保護管理者(当社の個人情報の取扱いに関する責任者をいう。)を置き、この規約を遵守するための内部規程の策定、監査体制の整備及び当社の個人情報の取扱いの監督を行わせるものとします。
  10. 当社は、プライバシーポリシーを公表し、これを遵守いたします。
  11. 当社は、個人情報の利用、提供、開示又は訂正等に関する苦情その他の個人情報の取扱いに関する苦情を適切かつ迅速に処理するものとします。
  12. 当社は前号の目的を達成するために必要な体制を整備するものとします。
  13. 当社は、個人情報の漏洩が発生した場合は、速やかに、当該漏洩に係る事実関係を本人に通知するものとします。
  14. 当社は個人情報の漏洩が発生した場合は、二次被害の防止、類似事案の発生回避等の観点から、可能な限り、当該漏洩等に係る事実関係その他の二次被害の防止、類似事案の発生回避等に有用な情報を公開するものとします。
  15. 当社は、個人情報の漏洩等発生した場合は、当該漏洩等に係る事実関係を総務省に直ちに報告するものとします。

第19条(免責)

当社は、契約者が本サービスの利用に関して情報等が破損または滅失したことによる損害、若しくは契約者が本サービスから得た情報等に起因して生じた損害について、その原因の如何によらず、一切の賠償の責任を負わないものとします。

第20条(合意管轄)

契約者と当社との間で本サービスの利用に関連して紛争が生じた場合は、当社本社所在地を管轄する裁判所をもって合意の上の専属管轄裁判とします。

第21条 (諸法令、諸規則の順守義務)

利用者は国内外の諸法令、諸規則を順守し、従うものとします。


付則
この利用規約は平成17年1月1日から実施します。

カスタマーサポート方針

無償サポートと有償サポート

 本サービスは、原則としてお客様からのお問い合わせ・サポートに関しましては、電子メールのみと致します。(別途電話サポートオプションをご契約、電話サポート付サービスの場合を除く)

 お客様が本サービスをご利用されるに際してサーバー管理上の疑問・問題が発生した場合、当社はその解決に向けてお客様のサポートをいたします(サービス料金に含まれる無償サポート)。ただし、お客様が独自に開発・運用をされるプログラムに関するご質問(CGIプログラム、各種のプログラミング言語、データベース管理システムなど)やサーバー機能のカスタマイズに関するご質問(Apache のhttpd.conf、Apacheモジュール、その他サーバーの各種設定ファイルなど)については、無償サポートの対象とはなりませんのでご注意ください。なお、これら無償サポートの対象にならないものについては、場合によって有償サポートにて対応させていただくこともありますので、当社担当者までお問い合わせください。

オープンソースソフトウェアおよび市販ソフトウェアの取り扱い

お客様が当社ホスティングサーバー上にてご利用されるオープンソースソフトウェアまたは市販ソフトウェアにつきましては、当社ではサポートできませんので、お問い合わせ等は、当該ソフトウェアを開発しているコミュニティまたはベンダー宛にお願いいたします。なお、当社にてオプションサービスとしてご提供しているソフトウェアにつきましては、当社にてサポート対応させていただきます。